Vitule(ヴィトゥレ)が横浜と名古屋に新店舗オープン

新店舗は
・横浜伊勢佐木町店(2月末)
神奈川県横浜市中区羽衣町3丁目63-7 アンジュ関内8

・名古屋店(3月末)
の2店舗

Vitule(ヴィトゥレ)は、フェイシャル・痩身エステのピュウベッロと協同で脱毛施術を提供しています。

痩身エステでは体質に合わせた4種のキャビテーションで効果を最大化しているのが特徴です。

キャビテーションとは、脂肪細胞にのみ作用する超音波を与えて、脂肪細胞膜を破壊して脂肪細胞を減らす施術法です。脂肪細胞膜が壊れて、体内に溶け出した脂肪は老廃物となって、血液やリンパを通じて体の外に排出されるます。

 

医療脱毛

現在、主流の脱毛法はどれも一長一短があります。例えば、エステサロンで行われる光脱毛やレーザーを使った医療脱毛が一般的ですが、脱毛完了までに時間がかかります。特にレーザー脱毛は、痛みが強く途中で断念してしまう方も多いです。

そこで出てきたのが新しい方式、「蓄熱式脱毛」
一応、分類はレーザー脱毛ですが、2波長のレーザーを6つのモードで使い分けることができるので、痛みをほとんど感じず少ない施術回数でムダ毛を取り除くことができます。

また、基本的にレーザーはメラニン色素に反応させて脱毛を行うため、日焼けをしている人や色黒の人は施術ができず、白髪の場合は効果が出ませんでした。

それが、この蓄熱式レーザー脱毛がでたお陰で、色黒の人でも、白髪の方も利用できるようになったのです。部位としても、顔や背中の産毛にも効果抜群。

短期間で脱毛が完了するうえ、痛みもかなり軽減されていますので、従来は断られたり、痛みで断念した方も蓄熱式レーザー脱毛を行っているクリニックなら、再チャレンジするカチがありますよ。

脱毛器 トリア

エムロックのケノンに次いで、家庭用脱毛器で人気なのがトリア。
本格レーザー脱毛が家庭で出来るということで評判です。

ケノンのような消耗品のカードリッジがないのも魅力。消耗品が無いと言ってもイメージは長寿命のカードリッジ内蔵なのですが、追加費用なしに長期間使えるので とっても重宝します。

価格もケノンに比べて随分安い。
新社会人とかを狙った一時的な大キャンペーンです。普段はここまでのディスカウントはしませんから。
2年間保証付きなので、2シーズンは確実に使えそうですよ。

脱毛ラボ

全身脱毛専門で最も有名なのが脱毛ラボでは無いでしょうか。月額制を取り入れることで全身脱毛をかなり身近なものにしてくれました。こういった革新的なサービスを始めるとどうしても悪評が立つものですが、実際はどうなのでしょうか。

 

脱毛ラボの口コミを拝見すると、よくある「予約が取りにくい」といった苦情は少ないように思えます。脱毛ラボでは、短期に多くの部位を行うことから一人あたりの時間は他のサロンに比べてかかるはずですが、店舗数やスタッフ数で上手にバランスをとっているようです。

 

それでも、曜日や一部の店舗では来店希望者が集中して予約が取りにくい状況も発生しているようです。特に土日と祝日は他のサロンと同様に予約は取りづらい状況になるでしょう。なので、出来るだけ平日に予約が取れるようなスケジュールを組むのが予約のストレスを解消する自衛策となります。

 

平日といっても昼間は主婦や大学生、夕方は高校生を含めた学生が多く、夜になると仕事帰りのOLさんが増えてきます。なので、ガラガラといった状況ではありませんが、明らかに土日、祝日よりは平日の方が予約は取りやすい。なかでも昼の時間帯がベスト。しかし、実際には休みをとらないと平日の昼間に通うのは難しいですよね。

 

脱毛ラボの場合は、口コミを見る限り何ヶ月間も予約が取れないなんてことは無いようです。土日、祝日、または平日の夜などで調整すれば、2回/月には通うことが可能でしょう。その代わり、直前の予約変更の場合は他のサロンと同様に直近での再予約は難しいと考えた方が良さそうです。そんな時は諦めて間を空けるしかないのですが、毛周期と合わせて効率よく脱毛をするなら、その時だけはお休みを取って平日の昼間に通うことも考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

セルフ顔脱毛

顔の脱毛は意外と高い!!

そうなんですよね。ワキのようなキャンペーンをやってくれないから、サロンでの脱毛はなかなか踏みきれません。なので、セルフケアにたよる人も多いはず。

みんながやっているセルフ顔脱毛(除毛)は
1.定期的な顔剃り
2.除毛クリームで除毛
3.ワックスで除毛

顔剃りはやさしく行うのがコツ。くたびれたカミソリで同じ所を何度もこするのは最悪です。
肌を傷つけてしまうし、そこからバイ菌が入ったら一大事ですよ!!

何本もまとめ買いできる安いカミソリの方が、常にキレイで新鮮な刃を使えて便利です。ただ、横滑りで肌を切ってしまいがち。

そんな経験がある方は男性用の髭剃りを試されるといいですよ。ワイヤー付きで横滑りしても肌が切れないものとかあります。刃だけの交換なら それほど高価ではないので上手にカミソリを使えない方はにおすすめです。

除毛クリームは一般的には顔には使えません。ちゃんと顔にも使えるものを選んで使用してくださいね。セルフで行うときは目もと周りに注意。絶対に目に入れないように細心の注意を払ってくださいね。

実際に目に入ってしまってからでは注意書きは読めません。「万一、目に入ってしまったら」の注意書きは予め読んでおきましょうね。

ワックスでの除毛は一気に除毛できてよいのですが、細かいところが苦手みたい。全部をワックスでやろうとせずに、細かいところは他の方法と使い分けるのがGood♪

処理後は化粧のノリも良くなって気持ちイイ。面倒だけど、大事なケアですよね。

芸能人も髭脱毛

芸能人はみんな脱毛しているのか?
芸能人で髭が濃い人って少ないですよね。アレって別に脱毛しているワケではなくて、髭を回数が多いだけのようです。場合によっては撮影の合間にも髭剃りをするんだとか。

そうは言っても、本当に髭が濃い方もいらっしゃいます。ソレを売りにしている芸人さんもいますよね。それでも永久脱毛に踏み切れないのは、髭が必要な役が出来なくなってしまうってことも有るようです。ファッションではなくて、役柄として無精髭が必要な時ってありますよね。

そこを、踏み切って脱毛したのがネプチューンの名倉さん。通い続けると髭をほとんど剃らなくても良くなったと本人は気に入っている様子です。それでも、白髪の髭は脱毛出来ないようで生えてくるそうですよ。

役者さんなら髭を残す必要があるのかもしれませんが、男性の髭はある程度は脱毛しても良いと思います。全くのツルツルを目指すのではなくて2,3日は剃らなくてもむさ苦しくない程度なら芸能人でも役作りに支障がないのではないでしょうか。

 

川崎の医療脱毛

川崎で有名な脱毛クリニックといえば川崎中央クリニック。医療用レーザーを使うので、照射1回の効果が高いから通う回数は4回で完了。

各部位の料金がしっかり明示してあるのが好感を持てます。全身脱毛コースが用意されていますが、サロンとくらべると部位は少なめ。効果が高い分、料金も高めの設定なので部位を選択した部分脱毛の方が良いのかもしれませんね。

クリニックを選択する大きなメリットは
・脱毛効果が続くこと
・通う回数が少ないこと
・看護師など信頼できるスタッフが施術すること
があげられます。

また、サロンに比べて予約が取りやすいとも言えるようです。

川崎中央クリニックを選ばれる方は全身をしっかり脱毛したいと言う方が多いようです。ハイジニーナを追加して申し込む方も多いのが特徴です。たしかに、サロンに比べれば高額ですが、クリニックで行う永久脱毛としは良心的な価格設定だと思います。

 

全身脱毛サロンの選び方

ワキ脱毛が終わって次の部位を考えたときに、少しずつ部位を増やす方が多いのですが、振り返ってみると「初めから全身脱毛にすれば良かった」との感想を持たれる方が少なくありません。

気になるのは大きな金額が必要になること。しかし、結局 全身の脱毛を行うのなら、はじめから全身脱毛を選んだ方が料金も通う期間も節約できるんですよね。なので、もし部位を増やすか、全身にするか悩まれているなら全身を始めることをオススメします。

全身脱毛は期間も料金も必要となるので後悔しないよう、じっくり比較検討して選びたいものですよね。このサイトでは品質やサービス、料金や口コミなど紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

そこで、まずは全身脱毛を選ぶときのポイントをご紹介します。

・脱毛部位は希望通りか
なんといっても自分が脱毛したい部位がコースに入っているか。全身と言いながら、じつは多くの部位の組み合わせでしかありません。
サロンによって、全身コースに含まれる部位はマチマチです。部位の数もサロンによって数え方が違いますので、部位数を鵜呑みにせずに自分が望む部位が含まれているかしっかり確認してください。

ここをウッカリして、後から追加することになると割高になってしまいますよ。特に顔やVIOは要注意。顔だけでも部位が細かく分かれているので注意深く確認してくださいね。

・妥当な料金か
多くのサロンが月額制を採用するようになりました。単純に月額料金で比較すると割安でも、完了までの期間が長ければ結局は多くの支出を強いられることになります。
月額料金と合わせて月あたり何回、何部位を行うことが出来るかを合わせてチェックするようにするとイイですよ。

・ちゃんと効果が得られるか
これは、なかなか調べる方法が無くて難しいのですが、口コミが一番参考になりそうです。
あとは、サロンの運営実績。評判が悪ければ長続きできないでしょうから、実績の長いサロンはそれだけ信用度が高いといえます。

・通いやすいか
長期間通うことになる全身脱毛。1年から2年、メンテナンスも続けるなら、そのままずっと通い続けることにもなります。
職場や学校からの帰り道、駅や自宅の近くなど通いやすい場所を選ぶといいでしょう。
また、進学や就職・転職、転勤といった生活の変化も起こりえます。同じ系列のサロンなら店舗を変えることができるサービスがあると安心です。

・トラブルへの対応が充実しているか
まずは、効果が出なかったときの解約。ここまでちゃんとしているところは少ないのですが、月額制ならいつでも止められるかどうかが目安になります。返金制度がなくても、効果が無いと感じたらすぐに辞められるところが良いですね。
肌トラブルは無いのが一番ですが、個人差があるのでどうしてもトラブルは起こりえます。そんな時に医療機関と提携しているサロンなら安心ですね。もっとも医療系脱毛に通うのがベストなのですが、予算と効果のバランスを考えると、今のところはサロンの方をオススメします。

顔脱毛

顔の脱毛には不安がつきもの。それは実際にどうなのかが良くわからないからだと思います。後から後悔しないように、あらかじめある程度の知識を持っていた方がいいですよね。

 よくある疑問は脱毛によってシミなどが出来ないか。いくらムダ毛が無くなってもシミが残っては意味がありません。脱毛は光などの刺激を与えて毛の再生を抑制するものですから、肌に刺激や負担がかかります。特に家庭用の脱毛器で自己流脱毛をするのは要注意です。

 その点、専門のサロンやクリニックなら安心できます。出力の調整を行った機器で、専門知識を持った方が施術するのはもちろん、処置後のアフターケアなど、指導やアドバイスとともにケア用品を受け取ることもできます。不安があれば、すぐに相談できるのも魅力のひとつですね。

 不安ではありませんが、効果について話題になるのが美白効果。実は脱毛そのものには美白効果はあまり期待出来ません。そもそも目的が違いますからね。ただ、結果として顔が明るく見えるようになるということはあります。肌そのものは白くなるワケではありませんが、顔全体を覆っていた細かい毛が無くなることで、顔に落ちていたうぶ毛の影が無くなり顔つきが明るくなるというものです。

 また、化粧のノリも良くなり白く美しくなるという意味では十分な美白効果が期待できます。

全身脱毛に向く脱毛器

電車の吊り広告や雑誌では脱毛サロンの宣伝を多く見かけますが、密かに人気なのが家庭用脱毛器です。数多くの脱毛器が登場していますが実際の人気は一部の機種に集中しています。

 

多く有る機種の中で人気が偏っている理由は性能や使い勝手に大きな差が出来てしまっているからです。結局効果がなければ、購入しても意味がありません。

 

一番の人気機種は「ケノン」

公式最安挑戦 脱毛器ケノン
 

8万円以下で購入できるのでおよそサロンに1年通うよりもコストメリットはあります。その効果がサロンの機械に比べて劣るかというと、そんなことが無いのがケノンのスゴイところ。

 

絶対に間違えてほしくないのが、クルクル回って毛抜きを行うタイプです。このタイプは脱毛ではなくて毛抜きなので、ハッキリいって良いことは何もありません。肌を痛め、毛穴が変形し、乾燥によるトラブルを引き起こしたりします。当然、脱毛の持続効果は無くしばらくすると、同じ場所に毛が再生してきます。金額が安いので、魅力を感じてしまいがちですが、脱毛器とは全く別物とお考えください。

 

家庭用でレーザーを使った脱毛器がトリア。ケノンと良く比較される人気機種です。以前はケノンと同じぐらい人気があったのですが、最近はケノンが圧倒的に人気を集めています。その理由はケノンがトリアに比べて以下の点が優れているからだと思います。
・照射範囲が広く広範囲の脱毛を短期間でできる。
・各種アタッチメントが充実して、多様な部位の脱毛ができる。
・消耗品が手に入りやすい。

 

ケノンのデメリットとして唱われたのが、消耗品部分。照射カートリッジの照射数に限度があり、これを超えると交換する必要があります。いまでは改良が進み、カートリッジも大型化して照射回数が増えたので、あまりデメリットとは捉えられなくなりました。一方、他の機種でも結局はいずれ交換が必要な部品があり、その際は本体を送り修理扱いになることから「交換不要、消耗品なし」が実は本体修理だと気づいてきたんですね。

 

家庭用脱毛器のデメリットとしては、自分では見えない背中とか手が届きにくい部位の脱毛が難しいことが上げられます。また、アフターケアも自身で行う必要があり、心配ごとが起きてもすぐに相談する相手がいないこともデメリットといえるでしょう。

 

その代わり、1台購入すれば家族で共有することが出来ます。価格的にはかなり魅力的ですし、難しい部位をお互いに手伝いながらということもできそうですね。消耗品があるといっても、全身6回分ほで使えるし部品自体も5千円前後とさほど高価でもありません。医療脱毛や脱毛サロンに通うのが困難な方や出来るだけトータルコストを下げたい方には家庭用脱毛器は魅力的な選択肢といえます。